コラム

これで私もストレスフリー?『Iライン脱毛』でココロも体もスッキリするのだ。

今やデリケートゾーンの脱毛は、女子としての身だしなみのひとつ。なかでも今、注目されているのが『Iラインの脱毛』です。

Iラインは、Vラインの奥。陰部の両サイドから肛門までのラインを指します。Vラインほど目立たないと思い、「Vラインの脱毛はしているけれどIラインはそのまま」という人が多いのですが、水着や下着になったときに、実は目立つのがIライン。両サイドからムダ毛がはみ出ることが多いのです。

ビーチにいるときや彼と2人きりのときに、ムダ毛がはみ出ていないかどうかが気になっては、せっかくのファッションやシチュエーションが楽しめませんよね。だから、Iラインは脱毛するのが正解なんです。

衛生面からも受けておきたいIライン脱毛

Iライン脱毛をしておいたほうがいいもう1つの理由が、衛生面。デリケートゾーンの中でもIラインはとくにムレやすく、かゆみやかぶれが起こりやすい部位。さらに生理やおりものがムダ毛につくことで、雑菌が繁殖し、汚れやニオイの原因にもなります。

Iラインの脱毛をするとこうした不快感がなくなり、Iラインを常に清潔に保つことができるようになります。

デリケートな部位なので、自己処理は厳禁!

Iラインのムダ毛の処理を、カミソリや毛抜きで行っている人がいますが、それは厳禁。自己処理すればするほど、肌荒れや黒ずみの原因になってしまいます。

また、ちょっとした毛穴の傷口から雑菌が入り込み、毛嚢炎(ニキビのようなブツブツ)ができやすくなります。Iラインはとてもデリケートな部位なので、その脱毛はプロにまかせるのが安心です。

エステと医療の脱毛の違いとは?

Iラインの脱毛を受けようと思ったときに、多くの人が迷うのが、「エステサロンや脱毛専門サロンで受けるか」「美容クリニックで受けるか」ということではないでしょうか。

[エステサロンや脱毛専門サロン]

エステサロンや脱毛専門サロンで行っているのは、「光脱毛」です。IPL(インテンスパルスライト)などの光のエネルギーで、毛根のメラニンを刺激します。

医療レーザー脱毛よりも出力が弱いので、作用は緩やかです。その分、脱毛が完了するまでに長期間かかり、毛周期に合わせて1〜2カ月に1回、数年に渡り施術を受け続ける必要があります。痛みは軽いのですが、まったくないわけではなく、ゴムで弾かれる程度の痛みはあります。万が一やけどなどのトラブルが生じた場合は、医療従事者がいないのでケアしてもらえません。


[美容クリニック]

美容クリニックで行っているのは、「医療レーザー脱毛」です。医療レーザーは、光脱毛より出力が高いため、医療従事者でないと扱えません。高出力のエネルギーを照射する分、脱毛完了までの期間は短く、毛周期に合わせて1〜2カ月に1回、個人差もありますが半年~1年で施術が完了する場合が多いです。

痛みはありますが、事前に麻酔クリームなどを塗ってもらうなど、医療機関ならではのケアがあるので安心。
また、一人ひとりの肌質や毛質に合わせて、きめ細かく出力設定してもらえるのも魅力でしょう。万が一、やけどなどのトラブルが生じた場合のアフターケアも万全です。

どちらを選ぶかは個人の選択によりますが、Iラインはデリケートな部位であるため、医療機関で受けるほうが安心と言えます。

まとめ

Iラインのムダ毛は、見た目の問題だけでなく、衛生面からも、一刻も早く脱毛した方が得策!自己処理の手間やうっかり忘れのストレスからも解放されるはず。悩んでいるなら、美容クリニックの医療脱毛でストレスフリーの生活を目指してみて♪




協力クリニック

アキバ女子の悩みは秋葉原のクリニックに聞け!ということで、本サイト内のお悩み相談の記事は、秋葉原中央クリニックの協力のもとで作成しています。

協力クリニック

秋葉原中央クリニック公式サイト